山王ゼミナール版「ブルゾンちえみ with B」
 - (C) TBS
 女優の深田恭子が主演ドラマ「初めて恋をした日に読む話」の第4話(5日放送)で披露する、お笑いタレント・ブルゾンちえみ風に変身した姿が公開された。
 持田あきによる同名漫画を原作とした本ドラマは、恋も仕事もうまくいかない超鈍感なアラサー女子が、タイプの違う3人の男性からアプローチされる姿を描くラブコメディー。主人公の残念なアラサー女子・春見順子を深田が演じ、永山絢斗、横浜流星、中村倫也がそれぞれ順子にアプローチする男性役を務めている。
 第4話では、順子と教え子である高校生の匡平(横浜)たちが3泊4日で塾の強化合宿に行くことになる。ブルゾンちえみ with B 風のネタは、合宿最終日の夜、勉強漬けだった生徒たちを労うために開催されるキャンプファイヤーの場で披露される。ブルゾンちえみに変身した順子は、 本物さながらのハイヒールと濃いメイクで「どうもー、効率的な仕事ぶり、充実した私生活を夢見る女教師です」と語りだすという。
 撮影は山にあるロッジ風建物の屋外かつ極寒の夜に行われたが、寒さを吹き飛ばすような笑顔で本番ギリギリまで練習に励んでいたそう。with B 役を務めたのは、順子が講師として働く予備校・山王ゼミナールの塾長・梅岡(生瀬勝久)と売れっ子講師の勅使河原(高橋洋)。ノリノリな“山王ゼミナール版「ブルゾンちえみ with B」”シーンは反響を呼びそうだ。(編集部・小山美咲)
ドラマ「初めて恋をした日に読む話」第4話はTBS系にて2月5日夜10時より放送