プッツンしたか?(C)日刊ゲンダイ
 吉田羊(年齢非公表)が長年二人三脚で歩んできた所属事務所の社長と決別。年明けにも所属事務所から独立し、英・ロンドンに演技留学する予定であることが報じられた。
 吉田は現在11社のCMに出演中。今年公開の主演映画「ハナレイ・ベイ」、「母さんがどんなに僕を嫌いでも」の演技も好評で、すっかり売れっ子なのだが、来年のスケジュールは白紙状態なのだとか。
 その原因は吉田と事務所の女社長の決別。
 昨年、社長が吉田のプライベートの振る舞いに関して口出ししたところ、吉田がプッツン。
 社長にパートナー関係の解消を告げたものの、すでに埋まっている1年後までのスケジュールはこなすことにしたというのだ。
「小劇場の売れない女優だった吉田をスカウトした社長は、バイトしなくても吉田が生活できるようにお金を貸してまで一流女優に育て上げた。自らワンボックスカーを運転して吉田を送迎。年齢が一緒で仲が良すぎるため、吉田の“彼氏”といわれたほどだった」(映画業界関係者)
 現在、吉田のスケジュールは親族が管理しているというが、年明けにも独立する準備を進めているという。
「社長との関係がぎくしゃくし始めたのは、16年4月に吉田の自宅にジャニーズのHey!Say!JUMPの中島裕翔が“お泊まり”していることが発覚してから。社長からは厳しく叱責されたそうですが、吉田がその件で仕事にダメージを受けなかったのは社長が関係各所に頭を下げたからです」(広告代理店関係者)
先の報道を受け、吉田は自身のインスタで「来年も日本でがんばります」と留学については否定した。だが今後、芸能プロに所属せずにフリーで活動をスタートしてみれば、決別した社長のありがたみに気づくことになりそうだ。